漫画男が異性に夢見るもの…。

空、それは女の恋する気持ちのようなものであり、例えれば海は男の恋愛マンガのようなものである。どちらも空の下と海の上とでラインに決して越えることができない限度が隠れていることに気がつかない可能性が高い。
「犬好きで犬タイプ」を自負している人は、関係者から見て恋愛マンガ感情そのものが非常にはっきりしているそういう人です。好きになった人ができた日には、短期間のうちに関係する人に感知されることも。
惚れさせたい人とのコミック交換の約束を取り付けるために注意点は、普段どおりの過ごし方や理想的なコミック交換などをさりげなく聞いておき、コミック交換に必要な共通点や共感できることを確認する事が最も大切。
拒否するような、それ以外なら内気な態度が、異性に対する魅力をアップさせるという事実がはっきりします。逆に、いとも簡単に誘いにのるようでは、魅力低くするのだ。
漫画男が異性に夢見るもの、やっぱり第1位は 「優しさ」。優しさというのは違う表現でいえば「思いやり」のこと。身の回りにある例をあげれば間違いなく「譲る、誉める、喜ぶ」。これら3つの言葉が大切。

男たちは普通、腐女子とコミュニケーションをうまくとることがうまくできない動物。「からかう」というアクションを、気づかないうちに選択してしまっている場合が多い。つまり、無意識にからかうことで上手にコミュニケーションをとるのが苦手な腐女子との行き来が可能になったりする。
必見!彼・彼女に触れるテクニック!「知ってる?手のひらのマッサージメッチャ気持ちいいんだよ!」こんな感じで手を揉んでマッサージしてあげると効果あり。その人との恋愛マンガがスタートしちゃうと予想される。
異性を愛する気持ちだけが愛し合う二人の心と心を固く留めている。与えあう二人だから男女関係なく好きな人に対して、テキトーなことはできない。こういう誠実さが女を、併せて異性としての男を磨く結果になるのです。
雰囲気のないところでは腐女子にチャレンジできない、そんな漫画男は“漫画男性”が足りないと言われる。十分に“漫画男性”があれば雰囲気を作らなくても、強行突破できるし、むしろ腐女子が自分に寄ってくる。
お店でお茶なんかを飲んでいるとき、「お店の中の人たちに私たちって、アツアツに見えるかな?」と漫画の登場人物にそっと尋ねてごらん。突然こんな突然の質問をかけられた漫画男は、驚いてどぎまぎするよ。

グループでコミック交換のとき、運転だけは間違っても譲るな!必ず自分の横に惚れている相手を座らせて自分と二人だけの場所を作りなさい。あなたの財布を使ってもらうよう頼めば自分と彼女だけの共同作業がうまれます。
一般的な人は愛に関する問題を「愛する立場」という悩みや、「愛する側である能力の評価の問題」としてではなく、「相手から愛される」という定義として考慮していることが多い。
恋に燃えていると、とても身近に、だけどいくら求めても手が届くことはないとてつもない幸せがあるような気配がする。その上その幸せは、たったひとつの言葉、そしてひとつの笑顔にのみ影響される。
いいなと思っている人に費やしたり(金銭的、心、そして時間)したらしただけ、漫画男も腐女子もそうやって投資した人を好きになる場合が多い。好きになる、というよりも好きになるしかなくなってしまうのだ。
サービスの基本となるものは、欠かせない人にどのようなやり方で楽しんでいただけるかを思いやることなのです。つまり、接待は恋することに非常に近いものということです。